引越しのあいさつはどのようにしたらよいのでしょうか?

引越しをする際には、いろいろな手続きやマナーがありますが、その中でも特に注意しなければならないのはご近所様へのご挨拶ということになるでしょう。

これから新しい場所で生活をしていくうえで、ご近所様との関係の良さというのは円満な地元での生活のためには欠かせないのです。


まず、挨拶の範囲ですが、この場合にはどの
範囲まで挨拶をすればよいのでしょうか?もちろん、たくさん挨拶できるのであればするにこしたことはないのでしょうが、あまり広い範囲にご挨拶しても却って相手がびっくりしてしまうということもありますので、適度な範囲で回るべきでしょう。

一戸建て

どこが適度な範囲かということになるのですが、一般には自分の家をはさんで両隣ということになりますが、一戸建て等で同じ時期に家を建てているようであれば、自分の所属する島全体に挨拶すればよいでしょう。


次に気になるのが挨
拶のタイミングですが、できれば引越し当日に行いたいものです。


当日は、
いろいろと音をたてたり大型車の出入りで間接的にとはいえご迷惑をおかけしますし、誰か引越してきてみたいということでご近所様も注目されているということもありますので、礼儀正しさを知っていただくためにも当日のあいさつが望ましいでしょう。


とはいえ、夕飯を作
るような時間、食事を食べるような時間は避けたいものです。

考え方として、自分が挨拶に来られたら困ってしまうかもと思う時間帯があれば、その時間帯を避けて回るとよいでしょう。


手土産は
必要かということですが、もし予算的に無理がなければ、ハンドタオル等を持って挨拶をするとよいでしょう。


一昔前はおそばを配
るという習わしがありましたが、現在はおそばアレルギーがあったり、知らない人から食べ物をもらうことに対する抵抗があるのも事実ですので、食べ物である場合にはお菓子程度に、可能であれば何か日常で使うものが無難です。

挨拶をすることが面倒な人、人づきあいがあまり得意でない人もいらっしゃるのですが、引越しのあいさつは近所と知り合って、いざという時に助け合える関係を構築するための第一歩となりますので、その日だけでも社交的に振舞いつつ、良好な人間関係をスタートさせましょう。


引越し後、どのよ
うなご近所関係を作っていくかはもちろん自分に無理のない範囲で行ってゆけばよいのですが、きっかけを逃してしまうと何もスタートできませんので、挨拶まわりについてはきちんとタイミング良く済ませておきたいものです。

http://xn--r8j3a9a1dtfo363axepcu6b5oza.com/