漫画「鬼滅の刃」第195話 めまぐるしくネタバレ

漫画「鬼滅の刃」第195話 めまぐるしくネタバレ
漫画「鬼滅の刃」第195話 めまぐるしくネタバレ

鬼滅の刃の直近話数ネタバレはこちらから

鬼滅の刃200話
鬼滅の刃199話 鬼滅の刃198話 鬼滅の刃197話
鬼滅の刃196話 鬼滅の刃195話 鬼滅の刃194話
鬼滅の刃193話 鬼滅の刃186話 鬼滅の刃185話

 

第195話 「鬼滅の刃」めまぐるしく

無残には継国緑壱は弱く見えた。
覇気も、闘気も、憎しみも、殺意もない縁壱が
自分の首をはねるなんて思うもしなかった。

さらには傷が残り、何百年も太陽の光のように焼き続けるなど
予想ができなかったのだ。

無残は自分よりも縁壱のほうが化け物に見えたのだ。

炭治郎は無残が傷を隠せなくなっていることを察知し、
皆でここまで追い詰めたことを誇り、絶対に倒すと何度も思う。

無残は心臓と脳が複数あり、場所を移動できる。
傷が動く場所にそれらがあることを察知した。

伊黒の目が潰されたので、愈史郎の「目」を使い、伊黒の目の代わりにしようと考えた。

すると無残が凄い勢いで走り出した。
逃げたのだ。

剣士同士の闘いではないこの闘いは、逃げて体制を整えることも可能。
無残は生きることに固執している生命体。
夜明けも近く逃亡することに抵抗がない。

追いかけるが、周りに倒れた亡骸を巻き上げながら走る。

炭治郎は落ちている刀を投げつけ、なんとか足止めしようとする。

伊黒が飛びかかり、無残の喉に刀を差し込む。

動きが止まった無残。
伊黒に炭治郎が愈史郎の目を渡す。

紙が届かず中を舞う。

井黒さん大股三歩右へ飛んで!!

鏑丸頼むーー!!

鏑丸が、愈史郎の目になる紙を咥え伊黒に渡す。

視覚が使えるようになった伊黒と炭治郎は無残を挟み撃ちにする。

無残は息切れを起こし、体力の限界を感じ始める。

場面が変わり、禰豆子が炭次郎が戦場に到着。
禰豆子の片目は黒く、人間のようになっていた。

毎月ポイントで漫画が読める

CTA-IMAGE 毎月ポイントで無料で漫画が読めるサービスまとめはこちら! 無料で話題の漫画が見放題なアプリ。 漫画だけではなく、映画やドラマも見放題のサービスも紹介してます。

最新話カテゴリの最新記事