漫画「僕のヒーローアカデミア」No.264 One’s Justice ネタバレ

漫画「僕のヒーローアカデミア」No.264 One’s Justice ネタバレ
漫画「僕のヒーローアカデミア」No.264 One’s Justice ネタバレ

僕のヒーローアカデミアの直近話数ネタバレはこちらから

僕のヒーローアカデミアNo.269 僕のヒーローアカデミアNo.268
僕のヒーローアカデミアNo.266 僕のヒーローアカデミアNo.265 僕のヒーローアカデミアNo.264
僕のヒーローアカデミアNo.263 僕のヒーローアカデミアNo.262 僕のヒーローアカデミアNo.261
僕のヒーローアカデミアNo.260 僕のヒーローアカデミアNo.253 僕のヒーローアカデミアNo.252

「僕のヒーローアカデミア」No.264 One’s Justice

解放戦線のアジトのあらゆる入り口をヒーローたちが岩で埋め、逃げられないようにする。
アジト地下講堂ではリ・デストロが公演中にヒーローが来たと報告が入る。

上鳴が避雷針の様に電気を集めたおかげで、敵の攻撃を避けヒーローたちは侵入することができた。

プロヒーローたちの畳み掛けるような攻撃で解放戦線の編隊はばらばらになってしまい為す術もない。

骨抜柔造(マッドマン)が地面を軟体にし、小森希乃子(シーメイジ)がきのこを体から生やし、広域制圧で助成する。

アジト内でホークスがトゥワイスを羽で拘束。
トゥワイスの個性「2倍」を警戒し、常にマークしていたことを伝える。

トゥワイスがホークスに呼びかけようとすると、ホークスは羽を顔の前に向ける。
抵抗はさせないつもりだ。

ちょっと…待ってよ…
あああ ねぇえ
いっつもこうだあ

トゥワイスが今まで自分が問題のキッカケを起こしたと苦難する。

自身の不用意な行動で仲間を危険に晒す。
トゥワイスは仲間を信じることの大切さを知っていた。
自身が周りから信じられずに苦しんだからだ。

ホークスは、

あなたは運が悪かっただけだ。
罪を償ってやり直そう。
あなたはいい人だから

うるせえ
これがヒーローか?

何をやり直すってんだ。
俺のことなんかとっくにどうでもいいんだよ!!

ホークスは闘いたくないと伝えるが「それはてめえの都合だろ」と跳ね除けられ、トゥワイスが「哀れな行進(サッドマンズパレード)」を使う。

別のアジトの階段で荼毘が、

トゥワイス、お前は悪くない。
悪いのはいつだってクズ共(ヒーロー)だ

という。

毎月ポイントで漫画が読める

CTA-IMAGE 毎月ポイントで無料で漫画が読めるサービスまとめはこちら! 無料で話題の漫画が見放題なアプリ。 漫画だけではなく、映画やドラマも見放題のサービスも紹介してます。

最新話カテゴリの最新記事