漫画「鬼滅の刃」第200話 勝利の代償 ネタバレ

漫画「鬼滅の刃」第200話 勝利の代償 ネタバレ
漫画「鬼滅の刃」第200話 勝利の代償 ネタバレ

鬼滅の刃の直近話数ネタバレはこちらから

鬼滅の刃203話
鬼滅の刃202話 鬼滅の刃201話 鬼滅の刃200話
鬼滅の刃199話 鬼滅の刃198話 鬼滅の刃197話
鬼滅の刃196話 鬼滅の刃195話 鬼滅の刃194話
鬼滅の刃193話 鬼滅の刃186話 鬼滅の刃185話

 

漫画「鬼滅の刃」第200話 勝利の代償

長い戦いの末、無残が敗れる。
日光に当たり、体が灰のように崩れ落ちる。

鬼殺隊は歓喜、感嘆の嵐で勝利を称える。

終わりじゃないぞ!!
立て!!怪我人の手当だ
急いで救護に回れ
泣くな馬鹿
しっかりしろ

勝利に浸る余裕はなく、
次々に救護に走り回る。

悲鳴嶼は瀕死の状態で、救護隊が薬を使うことを制止する。
最後の願いとして、死にいく自身より助かる仲間を優先したのだ。

遠くなる意識の中に
過去にともに暮らした子どもたちを思い出す。

あの日のことを私達ずっと謝りたかったの
先生を傷つけたよね?
でも私達逃げようとしたんじゃないんだよ
守らなきゃと思って武器を取りに行こうと思ったんだ。
わたしは人を呼びに行こうとしたのよ

いつもどおり明日が来れば
ちゃんと話もできたのに
本当にごめんなさい

意識の中で子どもたちとともに許しあい、涙し、旅立った。


伊黒と甘露寺はうつろな顔をしながら抱き合う。
もう体の感覚がない甘露寺は自身が役に立てなかったと悔やむ。

伊黒は「そんなこといわないでくれ」
と話し、初めて会ったときのことを話す。

あの日会った君があまりにも普通の女の子だったから
俺は救われたんだ。
些細なことではしゃいで鈴を転がすように笑い

柱になるまで苦しい試練もあっただろうに
それを少しも感じさせない

底抜けに明るい君はたくさんの人の心を救済している
胸を張れ
俺が
誰にも文句は言わせない

と話す。
甘露寺は泣き、喜び、伊黒のことが好きだと言う。

井黒さん
井黒さん
お願い
生まれ変わったらまた人間に生まれ変わったら

私のことお嫁さんにしてくれる?

「もちろんだ」と答える伊黒。


不死川は意識の中で遠くに不死川玄弥と家族を見る。
反対の暗がりには母を見つける。

お袋?
何で向こうに行かねぇんだ。

私はいけないと答える。

我が子を手にかけて天国には…

…わかった
じゃあ俺はお袋と行くよ
お袋
背をって地獄を歩くよ

と不死川は柔らかい表情で語りかける。

突如、横から手が伸びてき、不死川の父が母を強く奪い取る。

徐々に意識が戻り、治療を受けていることがわかった。


伊之助と善逸は満身創痍ながらも生きており、治療を受けていた。

しかし、炭治郎は地にうずくまり、動かない。
折れた日輪刀を片手に持ちそこに居た。

炭治郎は息がなく、脈もない。
富岡が駆け寄り、手をにぎる。

その後、駆けつけた禰豆子が泣きながら駆け寄ってくる。

毎月ポイントで漫画が読める

CTA-IMAGE 毎月ポイントで無料で漫画が読めるサービスまとめはこちら! 無料で話題の漫画が見放題なアプリ。 漫画だけではなく、映画やドラマも見放題のサービスも紹介してます。

最新話カテゴリの最新記事