漫画「鬼滅の刃」第203話 数多の呼び水 ネタバレ

漫画「鬼滅の刃」第203話 数多の呼び水 ネタバレ
漫画「鬼滅の刃」第203話 数多の呼び水 ネタバレ

鬼滅の刃の直近話数ネタバレはこちらから

鬼滅の刃203話
鬼滅の刃202話 鬼滅の刃201話 鬼滅の刃200話
鬼滅の刃199話 鬼滅の刃198話 鬼滅の刃197話
鬼滅の刃196話 鬼滅の刃195話 鬼滅の刃194話
鬼滅の刃193話 鬼滅の刃186話 鬼滅の刃185話

 

第203話 数多の呼び水

鬼化を止める薬を打ち込まれた炭治郎
炭治郎はしきりに「家に帰りたい」と願う。

お願いします神様
うちに帰して下さい
俺は妹と家へ帰りたいだけなんです

炭治郎の中にいる無残は帰ることに意味はあるのかと尋ねる。

炭治郎は家には思い出が残っている、あの幸せな日々は俺と禰豆子がいる限り消えない。

無残は希望を断とうと、炭治郎が禰豆子を殺したと伝える。
しかし、炭治郎は「嘘だ」と言い信じない。

炭治郎をたくさんの亡くなっていった仲間が身体を支え、持ち上げる。

無残は炭治郎が鬼になって沢山の人を傷つけた事を諭す。
が、炭治郎はそれを無視する。

無残が炭治郎を掴みこう言う。

前を向くな
人を信じるな
希望を見出すな
鬼でなくなれば数年のうちに死ぬのだぞ
字の代償を払わなばならぬ

鬼としての無限の命を使えと伝えるが、
炭治郎は人間として死ぬことを選ぶ。

皆のところに帰りたいと願う炭治郎を「屑め」と罵る。

お前だけ生き残るのか?
大勢のものが死んだというのに
お前だけが何も失わずのうのうと生き残るのか?

と無残が言うと炭治郎は泣き出す。

炭治郎の下からすでに亡くなってしまった柱の手が伸びる。
炭治郎を支えの持ち上げる。

藤の花の匂いがし、炭治郎は手をのばす。

上から禰豆子の手が炭治郎の手を掴む。

手を放せ
こっちに戻れ
太陽すら克服したというのに
お前は類稀なる生物なのだ
そっちに行くな炭治郎!

死んだ者たちの憎しみの声が聞こえないのか!!
なぜお前だけが生き残るんだと叫んでいるぞ
なぜ自分たちは失ったのにお前だけが…


しかし炭治郎は知っている。
そんな人は居ないのだ。
人に苦しい、悲しい思いをして欲しくない人たちばかりだった。

無残は炭治郎にすがる。
自分の意思を継いで欲しい、究極の生物になれる炭治郎を止めようと必死だ。

炭治郎
炭治郎行くな!!
私を置いて行くなアアアアアア!!


炭治郎は目を覚ます。
人間に戻った禰豆子が泣きながら呼びかける。

一同、炭治郎が人間に戻ったことを喜ぶ。

愈史郎が泣きながら、珠世のかんざしを抱き、全て終わったことを報告する。

毎月ポイントで漫画が読める

CTA-IMAGE 毎月ポイントで無料で漫画が読めるサービスまとめはこちら! 無料で話題の漫画が見放題なアプリ。 漫画だけではなく、映画やドラマも見放題のサービスも紹介してます。

最新話カテゴリの最新記事